来園者の方へ ファミリーパークについて

HOME » 来園者の方へ » ファミリーパークについて

施設の概要

人も森も元気になる新しい里山づくり

人も森も元気になる新しい里山づくり

富山市ファミリーパークは、富山市の西、呉羽丘陵の城山公園内に位置しています。ファミリーパークの建設計画は、昭和46年3月に富山市城山公園基本計画(日本公園緑地協会)、昭和49年3月城山北方動物園構想(日本公園緑地協会)、昭和53年3月動物園基本計画(世界野生生物基金日本委員会)とまとめられてきましたが、新しく昭和55年12月城山土地利用基本構想策定のなかにファミリーパーク動物・管理ゾーン建設計画(世界野生生物基金日本委員会)を位置付け、昭和56年2月ファミリーパーク建設基本計画が決定されました。
基本計画では、『自然の中で情操と科学心を養う』 『動物と親しむ』 『くつろぎ、遊び、楽しめる憩いの場を提供する』を目的とし、これを受けて「動物コーナー」、「芝生広場コーナー」、「遊園地コーナー」の3区画が計画されました。

ファミリーパーク

この建設基本計画に基づいて、施設の建設が昭和57年9月着工、昭和59年4月27日に竣工し、翌4月28日に開園しました。
ファミリーパークは郷土の動植物についての様々な知識を普及するために、特に郷土(富山そして日本)の動物たちを中心に生態展示しており、郷土にすむ夜行性の小動物を展示した郷土動物園や自然環境の調査と保全などもおこなっています。
さらに世界的な視野に立った野生動物の種の保存事業にも参加しています。昭和59年の開園より、ファミリーパークは緑豊かな里山の自然環境の中で、家族が楽しみ、憩う施設として市民に親しまれてきました。

今後も「動物」「里山」「地域」をテーマに、様々な事業を進め、「人も森も元気になる新しい里山づくり」を目指していきます。

園長から皆さまへ

園長 石原祐司

ニホンライチョウのための新しい波を起こしたい

昨年4月より園長に就任し、初めての新年を迎えました。
昨年はファミリーパークでカピバラが開園以来初めて繁殖し、その愛らしい姿に顔がほころびました。また、ニホンライチョウの飼育は、ファミリーパークで孵化したライチョウが産んだ卵から初めてのヒナも誕生し、現在も今年生まれの3羽を含め合わせて10羽のニホンライチョウが元気に育っています。

ライチョウについて思い起こせば、平成27年度からライチョウの保護増殖事業に取り組んできて、順調にその孵化・育雛が進む中で、山本茂行前園長(現在名誉園長)とともに、今後のライチョウの保全活動に強い危機感を感じてきました。

その一つ目は保全事業を進めるための資金の問題、そしてもう一つはこの事業を続けていくための担い手(人材)の問題です。そのどちらも将来の見通しが立っていません。本来、ライチョウの事業は国の事業ですのでお任せしていればよいのかもしれませんが、ライチョウを取り巻く環境の危機はそれらの問題の解決を待ってはくれません。

そこで、ライチョウの飼育繁殖に取り組む動物園のなかで、富山市ファミリーパークが中心となって「ライチョウ基金」を立ち上げることを決めました。基金の準備はファミリーパークにとっても初めてであり、森富山市長をはじめ、多くの方々からアドバイスをいただきました。まずは多くの皆さんにライチョウの現状と保護増殖活動について広く、そして早く知ってもらうことも必要であると考え、昨年12月1日よりクラウドファンディングでの「ライチョウ基金」の募金を開始することにしました。
これまでたくさんの皆さんから応援をいただき、本当にうれしく思っています。そしてこれからが基金の正念場と考え、私と職員一同、精一杯努力します。引き続き、このプロジェクトの拡大に向けて、邁進していきます。

クラウドファンディング・プロジェクトページ「残そうニホンライチョウ!」
https://readyfor.jp/projects/nokoso-raichio-familypark
新しい年が、皆様にとって、そしてライチョウにとっても輝ける一年でありますようにお祈り申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成30年1月
富山市ファミリーパーク
園長  石 原 祐 司

飼育動物数

飼育動物数 102種 1032 (※2017年3月1日現在)

  哺乳綱 鳥綱 爬虫綱 両生綱 魚綱 昆虫綱 その他の無脊椎 合計
種類数 45種 31種 8種 5種 13種 0種 0種 102種
飼育数 385点 337点 26点 92点 192点 0点 0点 1032点

沿 革

昭和59年4月28日 ファミリーパーク開園
昭和60年3月 動物友の会発足
昭和62年6月 自然散策路「ふしぎの山」「ひみつの森」完成
昭和63年4月17日 入園者100万人達成
平成4年 「とんぼの沢」整備
平成5年7月10日 「金絲猴」特別展開催
平成7年3月23日 開園10周年記念事業「バードハウス」完成
平成11年3月26日 レッサーパンダ舎完成
平成12年2月11日 第1回Zoo夢21シンポジウム開催
平成12年5月20日 市民いきものメイト結成
平成16年7月31日 開園20周年記念「オオカミ舎」、「自然体験センター」完成
平成17年4月23日 入園500万人達成
平成18年10月 「呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会」発足
平成18年11月 「ホタルのおやど」竣工
平成19年11月 ツシマヤマネコ飼育開始
平成20年12月1日 通年開園開始
平成21年4月29日 開園25周年記念イベント開催
平成22年3月 スバールバルライチョウ飼育開始
平成22年3月15日 「里山生態園」完成
平成23年5月 「カエルの谷」整備
平成26年3月15日 「無料エリア」オープン
平成26年4月28日 開園30周年記念式典開催
平成26年10月18日 開園30周年記念事業 ライチョウシンポジウム開催
平成27年3月 「ライチョウ舎」オープン
平成27年6月 環境省のライチョウ保護増殖事業計画に基づき、ニホンライチョウの飼育を開始
平成27年9月28日 「第二ホタルのおやど」完成
平成27年10月11日 入園800万人達成
平成28年4月1日 森の冒険エリアオープン

動物取扱業に関する表示

氏名又は名称 (公財)富山市ファミリーパーク公社  理事長 中村 純
事業所の名称 富山市ファミリーパーク
事業所の所在地 富山市古沢254番地
動物取扱業の種別 展示・販売・貸出
登録番号 富山市展第002号, 富山市販第126号, 富山市貸第003号
登録年月日 [展示]平成19年5月31日, [販売・貸出]平成29年5月31日
有効期間の末日 平成34年5月30日
動物取扱責任者氏名 村井 仁志

公開資料