来園者の方へ ファミリーパークについて

HOME » 来園者の方へ » ファミリーパークについて

施設の概要

人も森も元気になる新しい里山づくり

人も森も元気になる新しい里山づくり

富山市ファミリーパークは、富山市の西、呉羽丘陵の城山公園内に位置しています。ファミリーパークの建設計画は、昭和46年3月に富山市城山公園基本計画(日本公園緑地協会)、昭和49年3月城山北方動物園構想(日本公園緑地協会)、昭和53年3月動物園基本計画(世界野生生物基金日本委員会)とまとめられてきましたが、新しく昭和55年12月城山土地利用基本構想策定のなかにファミリーパーク動物・管理ゾーン建設計画(世界野生生物基金日本委員会)を位置付け、昭和56年2月ファミリーパーク建設基本計画が決定されました。
基本計画では、『自然の中で情操と科学心を養う』 『動物と親しむ』 『くつろぎ、遊び、楽しめる憩いの場を提供する』を目的とし、これを受けて「動物コーナー」、「芝生広場コーナー」、「遊園地コーナー」の3区画が計画されました。

ファミリーパーク

この建設基本計画に基づいて、施設の建設が昭和57年9月着工、昭和59年4月27日に竣工し、翌4月28日に開園しました。
ファミリーパークは郷土の動植物についての様々な知識を普及するために、特に郷土(富山そして日本)の動物たちを中心に生態展示しており、郷土にすむ夜行性の小動物を展示した郷土動物園や自然環境の調査と保全などもおこなっています。
さらに世界的な視野に立った野生動物の種の保存事業にも参加しています。昭和59年の開園より、ファミリーパークは緑豊かな里山の自然環境の中で、家族が楽しみ、憩う施設として市民に親しまれてきました。

今後も「動物」「里山」「地域」をテーマに、様々な事業を進め、「人も森も元気になる新しい里山づくり」を目指していきます。

園長から皆さまへ

名誉園長 山本茂行

園長を終えて

2017年3月31日をもちまして園長を退任しました。
ファミリーパークの計画段階から36年間、人生の半分以上の間、ファミリーパークに関わってきました。この間、1984年の開園以来、約840万人の方が来園されました。ありがとうございました。永らくお世話になりました。4月1日から、私は名誉園長としてファミリーパークを支えていきたいと思います。そして新たに、石原祐司副園長が園長に就任します。
これからもよろしくお願いします。

富山市ファミリーパークは、環境省と公益社団法人日本動物園水族館協会と連携し、2015年からニホンライチョウの域外保全事業に取り組んでいます。ファミリーパークでは、乗鞍岳で採取した卵からふ化育雛したライチョウは、現在、メス1羽オス6羽、計7羽が育っています。
上野動物園でもメス1羽オス3羽、計4羽が育っています。
大町山岳博物館では、メス2羽オス2羽、計4羽が育っていましたが、2016年12月にメス1羽オス1羽、計2羽を逃がしてしまうという事態が発生しました。オスは捕獲できましたがメスは行方不明となっています。域外保全事業としてはあってはならない事態が生じました。
今年はいよいよ飼育下での繁殖に取り組むことになります。その前に、環境省と事業の協定を結んでいる公益社団法人日本動物園水族館協会は、協会加盟飼育園の飼育施設、飼育技術、飼育態勢などをしっかり検証し、ライチョウ逸出事故対策を講じたうえで、今後の各飼育園の事業を進めることがなによりも重要なことだと痛感しています。

乗鞍岳のライチョウから採卵した卵をふ化させて、飼育技術や科学的知見を得て、安定した試験飼育群を維持できれば、速やかに次なるステージ、すなわち、絶滅の危機にある南アルプスのライチョウから卵を採卵し、それをもとに安定した保険飼育群を育成しなければなりません。そして、南アルプス現地で数が減っている原因を調べながら、飼育している南アルプス系のライチョウ群から野生に戻す訓練を行った個体を育て、野生に返すことを目指します。
ライチョウ保全事業の最終目的は、5つの地域(新潟県頚城山塊、北アルプス、乗鞍岳、御嶽山、南アルプス)にすむ日本のライチョウが、安定して暮らす状態を作ることです。

おそらく、何十年単位あるいは百年単位で続けなければならない息の長い仕事となるでしょう。国、地方自治体、市民、山岳関係者や研究者、日本動物園水族館協会、動物園など、多くの関係者が連携して取り組まねばこの目的は成就できません。その一助とするために、この春には(仮)ライチョウ基金を始めたいと考えております。そして、命を預かり、繋いでいく「いのちの博物館」として富山市ファミリーパークは最終目的の実現のためにあらゆる分野で貢献したいと思います。

呉羽丘陵が秘める、人・歴史・文化・自然をファミリーパークと結びつけ、コンパクトシティ・富山に暮らす人々が、そして訪れる人々が、快適で健康で豊かな生活を送るために、今後もファミリーパークは人と自然を繋ぐ仕事を続けます。それに対するご支援も、あわせてよろしくお願い申し上げます。

長い間、ありがとうございました。
これからも引き続き、石原祐司園長を支えていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

森を元気に、人を元気に、命を元気に、地域を元気に
ファミリーパークは、「いのちが集う里」を目指します。


2017年4月1日
名誉園長 山本茂行

飼育動物数

飼育動物数 102種 1032 (※2017年3月1日現在)

  哺乳綱 鳥綱 爬虫綱 両生綱 魚綱 昆虫綱 その他の無脊椎 合計
種類数 45種 31種 8種 5種 13種 0種 0種 102種
飼育数 385点 337点 26点 92点 192点 0点 0点 1032点

沿 革

昭和59年4月28日 ファミリーパーク開園
昭和60年3月 動物友の会発足
昭和62年6月 自然散策路「ふしぎの山」「ひみつの森」完成
昭和63年4月17日 入園者100万人達成
平成4年 「とんぼの沢」整備
平成5年7月10日 「金絲猴」特別展開催
平成7年3月23日 開園10周年記念事業「バードハウス」完成
平成11年3月26日 レッサーパンダ舎完成
平成12年2月11日 第1回Zoo夢21シンポジウム開催
平成12年5月20日 市民いきものメイト結成
平成16年7月31日 開園20周年記念「オオカミ舎」、「自然体験センター」完成
平成17年4月23日 入園500万人達成
平成18年10月 「呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会」発足
平成18年11月 「ホタルのおやど」竣工
平成19年11月 ツシマヤマネコ飼育開始
平成20年12月1日 通年開園開始
平成21年4月29日 開園25周年記念イベント開催
平成22年3月 スバールバルライチョウ飼育開始
平成22年3月15日 「里山生態園」完成
平成23年5月 「カエルの谷」整備
平成26年3月15日 「無料エリア」オープン
平成26年4月28日 開園30周年記念式典開催
平成26年10月18日 開園30周年記念事業 ライチョウシンポジウム開催
平成27年3月 「ライチョウ舎」オープン
平成27年6月 環境省のライチョウ保護増殖事業計画に基づき、ニホンライチョウの飼育を開始
平成27年9月28日 「第二ホタルのおやど」完成
平成27年10月11日 入園800万人達成

動物取扱業に関する表示

氏名又は名称 (公財)富山市ファミリーパーク公社  理事長 中村 純
事業所の名称 富山市ファミリーパーク
事業所の所在地 富山市古沢254番地
動物取扱業の種別 展示・販売・貸出
登録番号 富山市展第002号, 富山市販第126号, 富山市貸第003号
登録年月日 [展示]平成19年5月31日, [販売・貸出]平成29年5月31日
有効期間の末日 平成34年5月30日
動物取扱責任者氏名 村井 仁志

公開資料