イベント情報

HOME » イベント情報 » お知らせ

栃木県 「那須どうぶつ王国」からのライチョウにかける想い


今回はニホンライチョウの飼育・繁殖に初めて取り組んだ、栃木県の「那須どうぶつ王国」からの声をお届けします。

 

    「新たなる挑戦と決意」 ー那須どうぶつ王国の 取り組みー

 

那須どうぶつ王国では環境省より新たに「ライチョウの飼育に適切な施設」として認定され、2017年からライチョウの受精卵を受け入れ、その飼育が始まりました。

 

当園ではニホンライチョウの近縁種であるノルウェーのスバールバルライチョウの飼育に携わっていて、「いつかはニホンライチョウの飼育」を、という思いで飼育を行ってきました。

 

ライチョウの受精卵を受け入れることが決定してからは、新たなことに挑戦する楽しみとともに、その責任ある事業に対してプレッシャーを感じていました。



content_dcdfd41cb6e96e78736deb5f5add6f6311da8e80_ (1).jpg

佐藤園長(左)の厳しい指導と優しい眼差しのもとで...


初めての試みということもあり、入念に準備を行ってきましたが、孵化させるまでは不安や心配が尽きませんでした。しかし、佐藤園長の指導のもと、仲間と協力し毎日試行錯誤しながら飼育に取り組んできました。

 

恩賜上野動物園や大町山岳博物館より受精卵を受け入れ、孵化・育雛に取り組み、2017年12月現在で1羽が順調に成育しています。

 

ライチョウ飼育の難しさや私たち自身の知識・経験不足を改めて感じましたが、今回の飼育管理の経験を活かしながら、飼育技術を向上させて今後のライチョウ飼育に役立てていきます。



content_dbfuyjyunk.jpg

左からNさん、Yさん、Mさん



皆さん、那須どうぶつ王国の取り組みをこれからも応援して下さい。

よろしくお願いいたします。

 

現在、ニホンライチョウの飼育は「那須どうぶつ王国」を含めて4つの動物園で行っています。現在はこの動物園の間で、常に連絡を取りながら協力して飼育・繁殖に取り組んでいます。今後できるだけ多くの動物園がこの事業に参加していけば、それだけ早く飼育や繁殖の技術確立が進み、飼育個体数も増えていきます。

 

そのためにも、このプロジェクトをなんとしても成功させねばなりません。

我われ関係する動物園はそのために全力を尽くしますので、皆さまからの応援とご支援をこれからもよろしくお願いいたします。

 

PS.今回、那須どうぶつ王国の王様である、佐藤園長は大変お忙しい方で、集合写真の撮影に間に合いませんでした。後日、みんなが揃って撮り直しをしていただけるそうですので、新年明けましたら写真を差し替えたいと思います。



≪クラウドファンディングへのご協力はこちらから≫

https://readyfor.jp/projects/nokoso-raichio-familypark/

アーカイブ

開園日カレンダー

開園時間

9:00〜16:30

(3月15日〜11月30日)

10:00〜15:30

(12月1日〜2月末まで)

入園料

大人(高校生以上)
500円(一般) 400円(団体)

小人(中学生以下)
無料

年間共通パスポート
1,500円

» 入園料・開園日の詳細はこちら

お問い合せ

富山市ファミリーパーク

〒930-0151
富山市古沢254番地
TEL:076-434-1234
FAX:076-434-1208
アクセス