イベント情報

HOME » イベント情報 » お知らせ

2月3日に「ライチョウ基金シンポジウム2019」 開催!

「残そうライチョウ!!」を合言葉に行いましたクラウドファンドですが、あっという間に1年が過ぎました。皆様から多大なご支援をいただいて、私たち動物園関係者はこの一年、ライチョウの飼育繁殖に取り組んできました。これまでもお知らせしてきましたように、今年は7羽のヒナが育ち、一定の成果を上げることができました。一方、野生のライチョウでは生息が確認されていなかった中央アルプスにて姿が観察されるなどうれしいニュースもありました。


 そこで、私たちはライチョウシンポジウム2019「ライチョウの未来と動物園の役割」を2019年2月3日(日)、富山県総合福祉会館・サンシップとやまにおいて、開催させていただくことにしました。



このシンポジウムでは今年の私たちの保全の取り組みを含めて、現在のライチョウの保全の現状を皆様にご報告したいと思っています。

 ぜひ皆様、多数の参加をお待ちしております。なお、このシンポジウムの開催に当たりましては、「ライチョウ基金」により開催させていただきます。 

 

ライチョウ基金シンポジウム2019「ライチョウの未来と動物園の役割」
 期日:2019年2月3日(日) 13:30~16:00
 場所:富山県総合福祉会館サンシップとやま・福祉ホール(1階)
    富山県富山市安住町5-21 電話:076-432-6141
 参加料:無料、定員300名


 内容:第1部 基調講演

    1.富山のライチョウを守るために 

      松田 勉(富山雷鳥研究会 事務局長)
    2.ライチョウの野生復帰に向けて

      牛田一成(中部大学創発学術院 教授)
    第2部 報告

    1.生息地での保全の取り組

      福田 真(環境省信越自然環境事務所)
    2.動物園での保全の取り組み 

      秋葉由紀(日本動物園水族館協会 ライチョウ計画管理者)
    第3部 総合討論

    「ライチョウの未来と動物園の役割」

      コーディネーター 山本茂行(富山市ファミリーパーク名誉園長)

      討論者 松田 勉

          牛田一成

          松田 真

          秋葉由紀

          石原祐司(富山市ファミリーパーク園長)

 

 

 お申込み方法

 

 1.FAXでのお申込み

   下記のチラシに必要事項をご記載の上、富山市ファミリーパーク

  (FAX:076-434-1208)までお送り下さい。

   チラシのダウンロードはこちらから

 

 2.メールでのお申込み  

   下記アドレスに氏名・電話番号を記入して送信してください。

   raichousympo@toyama-familypark.jp(シンポジウム受付専用)

 

 3.電話でのお申込み

   富山市ファミリーパーク(Tel:076-434-1234)までお申し込み

   ください。

アーカイブ

開園日カレンダー

開園時間

9:00〜16:30

(3月15日〜11月30日)

10:00〜15:30

(12月1日〜2月末まで)

入園料

大人(高校生以上)
500円(一般) 400円(団体)

小人(中学生以下)
無料

年間共通パスポート
1,500円

» 入園料・開園日の詳細はこちら

お問い合せ

富山市ファミリーパーク

〒930-0151
富山市古沢254番地
TEL:076-434-1234
FAX:076-434-1208
アクセス