動物マップ

HOME » 動物マップ » ニホンライチョウ

うれしい、サプライズ!! ~富山市ファミリーパークの二ホンライチョウ

 7月3日早朝、ライチョウのヒナが3羽、孵化しました。全くのノーマークでした。6/23でもお知らせしましたが、今年は2羽のメスでのつがい形成を計画し、当初のオスの交代もありながら、繁殖に取り組んできました。

 前回まで産卵を心配していたメス(仮に「メスA」とします)は、その後、2日おきに卵を産んで、産卵数は現在、6卵となり、まだ抱卵には至っていません。

 もう一方のメス(仮に「メスB 」とします)では、完全な交尾が確認できる前に産卵が始まってしまったためにつがいを解消していました。このメスはその後、9卵まで産んでしっかり抱卵をしていました。好ましい産卵数や抱卵行動でしたが、受精には至っていないだろうと考えていました。しかし念のためにと、抱卵から2週間たった6/27に検卵したところ、なんと3つの卵で発生が確認できたのです。スタッフ一同、ほとんどあきらめていたのでびっくりした反面、期待に胸が膨らみました。そして今日、無事3羽のヒナが誕生しました。


content_931473e55f70c48e6b04de08efcce476f9c1acf8.jpg


 実はこのメスBは昨年まで繁殖に取り組んでいて、昨年はヒナを育てられなかったメスなので、まだまだこれからです。幸い今のところ、落ち着いて雛の面倒を見てくれています。スタッフ一同、気を抜かずにしっかり観察して飼育していきたいと思っています。

 今後、随時、経過をご報告していきたいと思います。

 

 最後に、生息域内保全の事業の一つのとして、中央アルプスで発見されたメスに動物園で産卵した受精卵8個を抱かせる取り組みを行っており、5羽のヒナが孵化しましたが、残念ながら全て死亡してしまいました。

詳しくは環境省のホームページ(http://chubu.env.go.jp/shinetsu/pre_2020/post_121.html)をご覧ください。

 

ニホンライチョウ

どんなどうぶつ?

知ってるかな?

住んでいる所:
高山帯
食べ物:
高山植物の芽、種子、昆虫など
暮らし方:
単独、つがい
活動時間:
日中

このどうぶつを見る

開園日カレンダー

開園時間

9:00〜16:30

(3月15日〜11月30日)

10:00〜15:30

(12月1日〜2月末まで)

入園料

大人(高校生以上)
500円(一般) 400円(団体)

小人(中学生以下)
無料

年間共通パスポート
1,500円

» 入園料・開園日の詳細はこちら

お問い合せ

富山市ファミリーパーク

〒930-0151
富山市古沢254番地
TEL:076-434-1234
FAX:076-434-1208
アクセス