地域の力

HOME » 地域の力

「呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会」の皆様によるカワニナの放流が行われました

6月11日に、古沢用水沿いのホタルのビオトープ「ホタルのおやど」を整備・維持いただいている「呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会」の皆様によるカワニナの放流が行われました。

 

 

「呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会」は、近年、少なくなったホタルの姿を子どもたちに見せてあげたいという、地元古沢の方とファミリーパークが協力し、平成18年に発足した会で、古沢土地改良区、古沢校下自治振興会、西金屋自治会、古沢小学校、古沢校下ボランティアサポーター、富山造園業協同組合、古沢地区センター、富山市ファミリーパークの計8つの地元の会、団体により構成されています。

 

ホタルのおやどで、「呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会」の村藤会長からホタルの生活や用水路の歴史についての話を聞いた後、カワニナを水辺に放しました。

 

20140611satoyaam (3).jpg

 

 

 

20140611satoyaam (2).jpg

 

 

今回の活動には、ホタルを呼ぶ会の会員5名と、古沢小学校から3年生の皆様8名にご参加いただき、ゲンジボタルの幼虫のエサになるカワニナを約1000匹、放流しました。

 

 

20140611satoyaam (1).jpg

 

この活動を通して、ホタルの舞い飛ぶ呉羽丘陵の水辺が、世代を超えて守られ、受け継がれるよう、ファミリーパークも協力を続けていきます。

 

 

 

6月21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)の4日間行われる夜間開園「ホタルと夜とファミリーパーク」では、呉羽丘陵にホタルを呼ぶ会の皆様による解説も行われます。

詳しくはイベント情報

http://www.toyama-familypark.jp/event/entry-002292.html

をご覧ください。